アベノミクス2020―人口、財政、エネルギー
商品コード:
487
著者:
宮前耕也

アベノミクス2020―人口、財政、エネルギー

販売価格(税込):
1,836
関連カテゴリ:
環境関連 他
原子力関連
エネルギー関連
電力関連
安倍政権への宿題を提示
創業100周年を迎えた大手証券の新進気鋭アナリストが日本経済を徹底検証!

目次

はじめに

第1部 日本経済とアベノミクスの振り返り
第1章 東日本大震災で直面した2つの供給ショック
「あの時」を振り返る/東日本大震災で供給ショックに直面/供給ショック1 部品不足/平時の効率性を優先するか、危機時の備えを優先するか?/供給ショック2 電力不足/計画停電の日本経済へのインパクト/供給ショックから立ち直る/供給ショックは需要ショックとどう違うのか?
第2章 原発停止の影響
原発はどのような経緯で全国的に停止したか?/原発停止の日本経済へのインパクトは2種類/計画停電と節電の違いは?/原発の代役を担ったのは主に火力発電/電気料金が都市ガス料金よりも「割高」に/火力発電と再生可能エネルギー発電の違い
第3章 円高進行と白川日銀の不運
大震災の次は、円高対策が課題に/なぜ円高が警戒されるのか?/円安を促す2つの政策手段/コラム:日本銀行による外債購入案の効果と問題点/白川日銀の不運、黒田日銀の幸運
第4章 アベノミクス・異次元金融緩和とは何か?
アベノミクスの「三本の矢」/コラム:「デフレ」という言葉は取扱注意/為替誘導ではなく物価安定が金融政策の目的/白川日銀が2%の物価目標を導入/黒田日銀が異次元金融緩和を導入/物価目標を2年で区切った意味
第5章 「アベノミクス景気」の特徴
消費増税を乗り越えて概ねプラス成長持続/戦後2番目に長い景気拡張局面へ/1990年代までと2000年代以降の景気回復の違い/「いざなみ景気」と「アベノミクス景気」の違い/消費低迷の背景/若年層の消費性向低下が深刻
第6章 「好循環」を阻む労働市場の歪み
賃金・消費・物価の三角関係から考える/人手不足でも賃金が上がりづらい/物価上昇ほどには賃上げが実現しない/物価目標をなかなか達成できない理由/正社員の賃金カーブがいびつな変化/コラム:労働組合の役割から考えるベア伸び悩みの理由
第7章 アベノミクス・異次元金融緩和の軌道修正
新「三本の矢」でアベノミクスは企業重視から家計重視へ/日本銀行が突如マイナス金利政策を導入/アベノミクスは金融政策頼みから財政頼みへ/マイナス金利政策の軌道修正

第2部 人口動態と財政の持続可能性
第8章 アベノミクスの展望と宿題
野党再編で形を変えた「55年体制」が再来/財政とエネルギー政策が争点になりやすい/金融政策と政治の関係/短期的なポイントはデフレ脱却宣言の有無/中長期的なポイントは労働力人口
第9章 人手不足はますます深刻化へ
「人余り」から「人手不足」へ/コラム:人手不足を示す経済指標/人手不足の良し悪し/将来推計人口(2017年推計)/労働参加率シミュレーション/労働力人口の増加は長続きせず
第10章 少子化を引き起こすメカニズムと解決策
日本のみならず世界的に少子化が進行/コラム:人口爆発の終焉/歴史から考える少子化の背景/少子化を引き起こすメカニズムと解決策/「人づくり革命」とは何か?/教育無償化がもたらす意外な効果と副作用
第11章 人口動態と財政
財政には人口減少よりも少子高齢化が問題/財政の「2020年代問題」と「2030年代問題」/医療費シミュレーション/コラム:従属人口指数が示唆する世界的な財政悪化圧力
第12章 日本財政は破綻するのか?
日本国債は危険なのか安全なのか?/日本財政はそう簡単には破綻しないが……/財政不安が高まるとすれば2020年代半ば頃?/2020年度までの財政健全化目標の達成は絶望的/財政規律が徐々に緩んでいる

第3部 国際エネルギー情勢の変化と日本の課題
第13章 エネルギーと経済成長
資源の効率的配分と経済成長/産業革命が2つの経路で経済成長を促進/産業革命はエネルギー革命/後発国によるキャッチアップ
第14章 原油市場の構造変化
「逆オイルショック」の再来/供給面での類似点と相違点/需要面での類似点と相違点/OPECのジレンマ/コラム:ミクロ経済学(ゲーム理論)で考える原油市場の二重構造
第15章 地球温暖化対策で変わるエネルギー市場
パリ協定の京都議定書との3つの違い/パリ協定はミクロ経済学よりマクロ経済学重視の現実路線/米国トランプ政権のパリ協定離脱宣言は歴史的な転換点なのか?/コラム:CO2排出量が頭打ちになっている理由/供給が偏在化する原油、分散化する天然ガス
第16章 日本のエネルギー政策の課題
日本政府が提出したパリ協定の約束草案/市場メカニズム活用分がどの程度認められるか?/自然体での排出量削減目標達成は厳しい/パリ協定の日本経済への影響は対処法次第/原発と再生可能エネルギーの二項対立が政治の争点に/コラム:各電源の特徴から考える電源構成の選択/段階的な「原発ゼロ」が政治的に難しい2つの理由
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

検索条件

書籍ジャンルから選ぶ
書籍名・著者名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
刊案内
img ブロックチェーン×エネルギービジネス
2018年06月
江田健二
img エネルギー業界の破壊的イノベーション
2018年06月
野村総合研究所
img 第4回「エネルギーフォーラム小説賞」受賞作『小説 1ミリシーベルト』
2018年03年
松崎忠男
【新刊一覧へ】