Editor's Eye

漢字2文字、半角4文字以上で検索してください
・<アーガス情報>原油続落、需給緩和で売りが加速 2020/09/14

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週までの原油価格は、主要指標が軒並み続落。需給が緩むとの観測から、売りが優勢となった。

複数の産油国が相次いで、10月積みフォーミュラ価格を引き下げ。スポット需要が減少するとの観測が強まった。また、OPECプラスの8月産油量が、協調減産基準の緩和によって、前月比で増えたことも弱材料となった。

さらに、米国の週間原油在庫統計が増加。ハリケーンで一時停止していたメキシコ湾岸の生産設備および港湾施設の復旧が進み、産油量と輸入が増加した。

ニュージーランドの4~6月ジェット燃料消費量が前年同期比で減少し、さらに過去最低を記録したことも、価格の重荷となった。また、インドをはじめとした新型ウイルスの感染拡大第二波と、米中関係の悪化も、世界経済減速にともなう石油需要後退の見方を強めた。

【9月11日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=37.33ドル(前週比2.44ドル安)、ブレント先物(ICE)=39.83ドル(前週比2.83ドル安)、オマーン先物(DME)=39.34ドル(前週比4.58安)、ドバイ現物(Argus)=39.14ドル(前週比4.66ドル安)

・<アーガス情報>原油下落、需給緩和感が強まる 2020/09/07

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、主要指標が軒並み下落。需給緩和感が台頭し、売り意欲が戻った。

ハリケーンに備えて一時停止していた米国メキシコ湾岸の生産および出荷設備は、徐々に復旧している。加えて、米国でガソリンおよび軽油需要が後退したことで、需給緩和感が強まった。特にガソリン需要は、前週比で、5月中旬以来最大の減少幅を記録した。

一方、米国の週間原油在庫は、悪天候による生産停止を背景に減少。また、米ゴールドマン・サックスは、来年の石油需要予測に上方修正を加えた。さらに、米国および欧州の製造業における8月経済指標は回復を見せたが、価格を持ち上げる要因にならなかった。

【9月4日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=39.77ドル(前週比3.20ドル安)、ブレント先物(ICE)=42.66ドル(前週比2.39ドル安)、オマーン先物(DME)=43.92ドル(前週比0.54安)、ドバイ現物(Argus)=43.80ドル(前週比0.31ドル安)

・<アーガス情報>原油上昇、悪天候による供給不安が台頭 2020/08/31

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週までの原油価格は、主要指標が軒並み上昇。悪天候に備え、米国での生産および出荷が一時停止したことが、価格を支えた。

ハリケーンLauraの接近を受け、米国メキシコ湾岸の生産設備のうち、84%が一時操業を停止。一部輸出港も閉鎖し、供給が滞るとの見通しから、逼迫感が台頭した。また、米国の週間在庫統計が減少を示したことも、強材料として働いた。

ただ、ハリケーンによる被害は、想定より軽微に留まった。加えて、インドの7月原油処理量が、前年比19%減少。4~6月の輸入量も、前年比で26%の減少を示した。さらに、インドは、新型ウイルスの感染拡大を背景に、一部地域でロックダウンを1か月延長することを検討しており、価格の上昇が幾分か抑制された。

【8月28日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=42.97ドル(前週比0.63ドル高)、ブレント先物(ICE)=45.05ドル(前週比0.70ドル高)、オマーン先物(DME)=44.46ドル(前週比0.21安)、ドバイ現物(Argus)=44.11ドル(前週比0.20ドル高)

・<アーガス情報>原油混迷、方向感を欠く値動き 2020/08/24

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、強材料と弱材料が混在し、方向感を欠く値動きとなった。米国のWTI先物と、中東原油を代表するドバイ現物は前週値を上回ったが、北海原油の指標となるブレント先物は、それを下回った。

米国の週間在庫統計が減少。また、米エネルギー情報局(EIA)は、9月の国内生産量が減少するとの見通しを発表した。加えて、OPECプラスは、5~7月に減産基準を守れなかった産油国に対し、8~9月の追加減産で埋め合わせを指示。供給減少の観測が強まり、WTI先物とドバイ現物を支えた。

一方、ブレント先物には、需給緩和の見通しが、より強く下方圧力として働いた。インドの7月原油輸入量が、ロックダウンと製油所の原油処理量減少を背景に、過去10年で最低を記録。また、前年同月比で、過去最大の減少幅を記録した。さらに、インドの8月前半の燃料需要も、前月からさらに後退している。これらに加え、リビアでは政情が落ち着き、近く生産と輸出を再開する見込みだ。

【8月21日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=42.34ドル(前週比0.33ドル高)、ブレント先物(ICE)=44.35ドル(前週比0.45ドル安)、オマーン先物(DME)=44.67ドル(前週比0.93ドル高)、ドバイ現物(Argus)=43.91ドル(前週比0.79ドル高)

・<アーガス情報>欧米下落、経済停滞で需要後退の観測強まる 2020/08/17

【アーガスメディア=週間原油概況】
欧米下落、経済停滞で需要後退の観測強まる

国際エネルギー機関(IEA)が、世界各国で経済回復が遅れていることを背景に、今年の石油需要予測を下方修正。また、OPECは、今年の需要予測に下方修正を加える一方、非加盟国の生産量予測を上方修正した。他方、米国の7月経済指標は、再度の経済活動自粛を受けて悪化。石油需要後退への懸念が強まり、欧米先物価格に下方圧力を加えた。

ただ、米国の週間在庫統計は減少。同国の石油ガスサービス会社ベーカー・ヒューズが発表する国内の石油ガス採掘リグ稼働数も減少し、過去15年で最低を記録した。さらに、米エネルギー情報局(EIA)が、今年の国内生産量予測に下方修正を加えたが、欧米先物を支えるには至らなかった。

一方、中東原油を代表するドバイ現物は、前週比で上昇。サウジ・アラムコが、経済活動の再開にともない、今年後半は石油需要が回復するとの見方を示した。加えて、サウジアラビアでは、新規の製油所が稼働開始。中国でも、新たな製油所が試運転を開始しており、需要回復への期待感が、より強く上方圧力として働いた。

【8月7日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=41.22ドル(前週比0.79ドル安)、ブレント先物(ICE)=44.40ドル(前週比0.40ドル安)、オマーン先物(DME)=44.01ドル(前週比0.27ドル高)、ドバイ現物(Argus)=43.68ドル(前週比0.56ドル高)

・<アーガス情報>原油下落、感染拡大で需要後退の懸念強まる 2020/08/03

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、主要指標が軒並み下落。新型コロナウイルスの感染が依然拡大しており、経済減速に伴う需要後退に懸念が強まった。

インドでは、国内の感染者数増加を受け、ロックダウンを8月31日まで延長。当初は、7月31日までの予定だった。また、米国では、経済活動および移動の自粛に伴い、景気が悪化している。新型ウイルスの感染拡大に加え、米中関係の悪化も、世界経済の減速に対する懸念を強めた。

台湾の5月輸入量は、製油所の稼働率低下を背景に、前月比、および前年同月比で減少を示した。

一方、アブダビ国営石油は、7~8月に続いて、9月もターム供給の5%削減を継続すると発表。オマーンも、ターム契約者に対し、10月の供給量を20%削減すると通達。供給減少の見通しが、価格の下落を幾分か抑制した。

【7月31日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=40.27ドル(前週比1.02ドル安)、ブレント先物(ICE)=43.30ドル(前週比0.04ドル安)、オマーン先物(DME)=42.83ドル(前週比0.73ドル安)、ドバイ現物(Argus)=42.97ドル(前週比0.14ドル高)

・<アーガス情報>原油混迷、方向感を欠く値動き 2020/07/27

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、強材料と弱材料が混在し、方向感を欠く値動き。北海原油の指標となるブレント先物と、中東原油を代表するドバイ現物は前週比で下落したが、米国のWTI先物は上昇した。

世界各地で新型コロナウイルスの感染者が増加しており、経済活動の再自粛や、景気回復の遅延に懸念が強まっている。実際、インドでは一部地域で、感染拡大防止のためのロックダウンが再開した。感染者数は、18日だけで世界全体で26万人を記録。前日比での増加としては、過去最大となった。

また、中国では、新型ウイルスの第二波に対する警戒感に加え、山東省の原油貯蔵能力が限界に近付いており、約50カーゴの荷下ろしが1か月程度遅れる見通しとなった。さらに、各地で発生している洪水によって、燃料需要が後退しているようだ。

一方、WTI先物には、米国および欧州連合が経済支援策を検討していることや、米国とイランの緊張が再び高まっていることが、より強く上方圧力として働いた。

【7月24日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX) =41.29ドル(前週比0.54ドル高)、ブレント先物(ICE)=43.34ドル、(前週比0.03ドル安)、オマーン先物(DME)=43.56、(前週比0.32ドル安) 、ドバイ現物(Argus)=43.11、(前週比0.19安)

・<アーガス情報>原油先物、需給引き締まり上昇 2020/07/20

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油市場は、先物価格が上昇。需給の引き締まりを好感した買いが優勢となった。

17日時点で、米国のWTI先物は、バレルあたり、前週比20セント高の40. 75ドルに上昇。北海原油を代表するブレント先物は、同13セント高の43.37ドルとなった。

OPECプラスの協調減産で、6月の遵守率が107%を達成。5月が87%だったことから、減産努力が実を結んでいるとの見方が広がった。

他方で、原油の大消費国である中国からの需要が回復していることも、買い戻しを促す要因となった。同国では、石油化学需要の強まりで、6月の製油所稼働率が過去最高を記録した。

ただ、世界では、新型コロナウイルスの感染者が依然として増加しており、景気後退への懸念が再燃している。このため、手持ちを増やすことに対して慎重な市場参加者も多く、価格の上昇にはある程度抑制が加わった。

【7月17日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=40.75ドル(前週比0.20ドル高)、ブレント先物(ICE)=43.37ドル(前週比0.13ドル高)、オマーン先物(DME)=43.88ドル(前週比1.15ドル高)、ドバイ現物(Argus)=43.30ドル(前週比0.20ドル安)

・<アーガス情報>原油混迷、方向感を欠く値動き 2020/07/13

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、強材料と弱材料が混在し、各地で方向感を欠く値動きとなった。10日時点で、米国のWTI先物は、前週比で軟化。一方、北海原油の指標となるブレント先物と、中東原油を代表するドバイ現物は、わずかながらも値を伸ばした。

WTI先物には、需給緩和の観測が下方圧力として働いた。OECDと欧州連合が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長引く可能性を示唆。韓国も、今年の国内における石油製品需要が前年比で1%減少するとの予測を発表し、需要の伸び悩みが強く意識された。

また、米国の国内原油在庫統計が前週から増加。シンガポールでも、ガソリン、ナフサなどを含む軽質留分在庫が、過去15カ月で最高を記録するなど、需要は弱いとの見方を支える材料が出揃った。

一方、供給が減少するとの観測も根強く、ブレント先物やドバイ現物を支えた。米国の石油サービス会社ベーカー・ヒューズが毎週発表する国内石油ガス採掘リグの稼働数が減少し、過去最低を更新。また、米石油会社Energy Transferが、ノースダコタにおける環境汚染問題で敗訴し、裁判所から日量57万バレルのパイプライン停止を命じられた。さらに、アゼルバイジャンの6月産油量が、前月比で減少した。

【7月10日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=40.55ドル(前週比0.10ドル安)、ブレント先物(ICE)=43.24ドル(前週比0.44ドル高)、オマーン先物(DME)=42.73ドル(前週比0.57ドル安)、ドバイ現物(Argus)=43.50ドル(前週比0.87ドル高)

・<アーガス情報>原油上昇、供給減少の見通し強まる 2020/07/06

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週までの原油価格は、主要指標が軒並み上昇。供給減少の見通しが強まり、買い戻しを促した。

米国の石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表する国内の石油ガス採掘リグ稼働数が減少し、過去最低を更新した。また、ロシアの6月生産量は日量929万バレルとなり、前月比0.7%、前年同月比16%の減少を示した。

加えて、アラブ首長国連邦の国営石油会社Adnocは、7月に続いて8月の主要4油種ターム供給量を、5%程度削減すると発表。協調減産が背景にある。オマーンも、9月のターム供給量を10%程度引き下げる方針を示し、供給がさらに減少するとの観測が強まった。

他方、需要後退に対する懸念は根強い。日本の5月輸入量は日量230万バレルとなり、前月比15%、前年同月比25%の減少となった。中国の首都北京における、新型ウイルス感染拡大の第二波に対する警戒感も、価格の上昇を幾分か抑制した。

【7月3日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=40.65ドル(前週比2.16ドル高)、ブレント先物(ICE)=42.80ドル(前週比1.78ドル高)、オマーン先物(DME)=43.30ドル(前週比0.81ドル高)、ドバイ現物(Argus)=42.63ドル(前週比0.61ドル高)

・<アーガス情報>原油下落、需給緩和観が台頭 2020/06/29

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、主要指標が軒並み下落。需給緩和の観測が台頭し、買いが弱まった。

インドと台湾の原油輸入統計が減少を示し、市場では新型コロナウイルスの影響による石油需要の弱さが再認識された。インドの5月輸入量は日量345万バレルとなり、過去5年で最低を記録。製油所の稼働率も、前年同月比で24ポイント低下した。台湾では、4月の輸入量が日量79万3,600バレルとなり、前年同月比で4.7%減少した。

国際通貨基金が、今年の世界GDP成長率に下方修正を加えたことも、石油需要はしばらく低調との観測を支えた。また、中国の首都北京で、新型ウイルス感染拡大の第二波に対する懸念が根強いことも、買い戻しを抑制した。

サウジアラビア、クウェート、アラブ首長国連邦で感染拡大防止のための自粛の緩和が進んだものの、価格を支えるには至らなかった。

【6月26日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=39.49ドル(前週比1.26ドル安)、ブレント先物(ICE)=41.02ドル(前週比1.17ドル安)、オマーン先物(DME)=42.49ドル(前週比1.33ドル安)、ドバイ現物(Argus)=40.02ドル(前週比1.34ドル安)

・<アーガス情報>原油上昇、減産強化で需給逼迫観強まる 2020/06/22

【アーガスメディア=週間原油概況】
先週の原油価格は、主要指標が軒並み上昇。OPECプラスが協調減産をより厳しく進める方針を示し、需給逼迫観が強まった。

5~6月の協調減産目標が未達となったOPECプラスの参加国が、7~8月に減産幅を拡大し、埋め合わせすることで合意。イラク、カザフスタン、ナイジェリア、アンゴラ、およびコンゴ共和国がその対象となり、減産拡大の具体案の提出が求められた。

また、サウジアラビアの減産で、7月のアジア向けターム供給量が20%程度減少する見通し。加えて、米国の石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表する国内石油ガス採掘リグの稼働数が過去最少を更新。供給がさらに減少するとの観測から、買い戻しが強まった。

一方、中国の首都北京で、新型コロナウイルスの第二派が到来。経済活動が再び停滞し、石油需要が後退するとの懸念が強まり、上昇を幾分か抑制した。

【6月19日現在の原油相場(原油価格($/bl))】
WTI先物(NYMEX)=39.75ドル(前週比3.49ドル高)、ブレント先物(ICE)=42.19ドル(前週比3.46ドル高)、オマーン先物(DME)=43.82ドル(前週比4.71ドル高)、ドバイ現物(Argus)=43.36ドル(前週比4.88ドル高)

Energy forum
img
2020年09月号


>新聞広告<

【報道特集】
戦略なき火力政策 行き過ぎた脱炭素の落とし穴

【注目記事】
フォーラムレポート
■ヒートポンプ蓄熱の新局面
座談会
■経産・環境省人事を深読み 政策大転換の背後に官邸の影

EP Report
非常事態下のニューヨーク電力供給
ロスアトムのコロナ対策 不測事態への対応を重視
新型コロナが招く出力制御の増加
経産省が安定供給継続を要請 エネルギー事業者は体制を強化へ
What's new


img
img
刊案内
img エネルギー新時代の夜明け
2020年09月
山地憲治
img 知らなかったでは済まされない! 電力・ガス小売りビジネス116のポイント
2020年09月
市村拓斗
img 三菱総研が描く 2050 年エネルギービジョン
2020年07月
三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部
【新刊一覧へ】